1d5a2a60.jpg
パパが菓子博2017でゲットしてきた赤福復刻版を食べてみました
 
はるか昔は黒砂糖を使った餡を作っていたのですが、明治44年、昭憲皇太后が伊勢にご参宮の際、稀少な白砂糖で特製赤福餅を作り献上したところ大変お喜びいただいたものが現在の赤福餅で、今回その明治時代に作られていた黒砂糖(黒蜜味)の赤福餅が復刻されたのだそうです。
 
実際食べてみると、黒蜜の味がドーンと強くて、まるでやわらかい黒飴のようです
普段、食べなれてる赤福餅とは食感と中のお餅は同じですが、甘味が違いますね。
 
これはこれで、素朴な甘さという感じでおいしかったでしたよ


人気ブログランキングへ