Feminのいっぽいっぽ

なんでも知りたい、なんか言いたい私の足跡です。

家族

赤福 復刻版5

1d5a2a60.jpg
パパが菓子博2017でゲットしてきた赤福復刻版を食べてみました
 
はるか昔は黒砂糖を使った餡を作っていたのですが、明治44年、昭憲皇太后が伊勢にご参宮の際、稀少な白砂糖で特製赤福餅を作り献上したところ大変お喜びいただいたものが現在の赤福餅で、今回その明治時代に作られていた黒砂糖(黒蜜味)の赤福餅が復刻されたのだそうです。
 
実際食べてみると、黒蜜の味がドーンと強くて、まるでやわらかい黒飴のようです
普段、食べなれてる赤福餅とは食感と中のお餅は同じですが、甘味が違いますね。
 
これはこれで、素朴な甘さという感じでおいしかったでしたよ


人気ブログランキングへ

菓子博20175

97cc51d4.jpg

8729eecd.jpg
今年は4年に一度の食博の年
さらに同時期に三重県の伊勢で菓子博もやってるので、開催期間に合わせて土曜の最終便でパパが帰ってきて、昨日の早朝から1泊2日食博〜菓子博視察に行ってます。
私は仕事があり同行できませんでしたが、レポートが届きました
 
今回は特に菓子博で赤福の「白福」のある祝盆と「復刻版」がお目当てだったそうなんですが、当初は整理券を配布したりしてたのが、口コミやテレビなどの宣伝の影響で日に日に入手困難になり、抽選券に変わったりで、関係者でも便宜を図ってもらえないほど「ガチ」で挑まなければならなかったそうです
 
残念ながら抽選では「白福」も「復刻版」もハズレたのですが、キャンセル待ちの行列に並べば可能性はあるとのことなので、そこに並んでなんとかゲットできたと執念の画像が届きました。
 
ずーっと並んでばっかりで、ほかのは見たり食べたりできたんでしょうか
 
復刻版は、賞味期限が今日までなので、持って帰ってきてくれるそうです。
私もいただいちゃいます

人気ブログランキングへ

ルタオのカフェ5

009eeeeb.jpg

2864e78c.jpg
食べてばっかりです・・・

北海道最終日、ルタオのカフェ【カフェモ・ルタオ】が新千歳空港の近くにあるということで、大阪に帰る前に寄りました
 
スイーツやベーカリーを販売するショップ棟とカフェでスイーツや食事を楽しめるカフェ棟があります。
 
そこでパパは、ビーフストロガノフオムライスを、私は、ビーフストロガノフ〜チーズ焼き〜を注文。
その後、春限定の「シトラスクインテット」という5種のシトラスをトッピングした、ふわふわの口どけのパンケーキをシェアしました

どちらのビーフストロガノフもなかなかのボリュームでおいしかったですよ〜。

パンケーキは、文字通りふわふわでやわやわ、とろとろでした。
デコポンや清見オレンジ、甘夏、日向夏、はっさくなど、甘さや酸っぱさの異なる柑橘類がアクセントになっておいしかったです

しかし最近は、本当にスイーツを食べる男性の姿が増えました。
昔からパパは、スイーツも大好きでよく食べ歩きをしましたが、以前と比べるとお店で男性がスイーツを食べてても全然違和感ないですね。

私もパパも、あれもこれも味わいたいので、二人で行くと分け分けできてうれしいです

人気ブログランキングへ

まだ雪が残ってました5

557070ed.jpg

00c29d91.jpg

87b1feed.jpg
札幌では、定山渓に行って定山渓鶴雅リゾートスパ森の謌で温泉&ランチバイキングを満喫しました
 
人気の温泉&ランチバイキングらしく、パパが予約していてくれました

ランチと温泉、どっちを先にしようか?ってなったんですが、そりゃ温泉が先やろとまずは温泉に入りました。
露天風呂では、まだ雪が残っていてヒンヤリとぽかぽかですっごく気持ちよかったです

しっかり温まったあとは、いよいよバイキング
ホテルのランチバイキングと言えば、にぎやかなイメージですが、大勢お客さんがいたわりには落ち着いて過ごせました
洋食、和食、中華、スイーツが品数多くあって、小分けされたものは、どれも程よいサイズなので、少しずついろいろ食べたい人はうれしいですね。
また、揚げ物率が高くなく、お野菜が多めで、ヘルシーな感じがしました

ホテルのロビーでは、暖炉を囲むカーペットが敷かれたスペースでは、靴を脱いでくつろげます。
そこでのんびりしてると、きれいなお姉さんのハープの生演奏があり、癒されました〜(^∀^)

帰りにちょっと足を延ばして、羊蹄山を見てきました。
羊蹄山は富士山のような美しい姿から「蝦夷富士」と呼ばれ、女性の持つエネルギーを高める力があり、女性らしい気品を引き出してくれるパワースポットと言われてるんですって
雪を被った羊蹄山は美しく、すがすがしい気分になりました


人気ブログランキングへ

パパごはん5

2017416
札幌のパパ宅に着くと、パパがローストビーフとトマト鍋トマトを作ってくれました。
 
ローストビーフは、炊飯器を使った低温調理という方法で作ったそうです
 
すごく柔らかくて美味しかったおいしかったです
 
しかし、元々食べることが好きな人ですが、料理の腕がメキメキ上がっていて、札幌に来るたびに、見たことのない(使い方のわからない)調理器具や食材、調味料などがあって感心します。
 
仕事も兼ねて飲食店や生産者、食品会社の方から、いろいろ教わるそうで、そういう方を招いてパパが料理を振る舞うこともあるそうです。
プロの方を喜ばせるお食事会ってスゴイなぁ

人気ブログランキングへ
Profile
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

**月ごとにまとめて**
QRコード
QRコード
ありがとうコメント
feminの本棚

  • ライブドアブログ