Feminのいっぽいっぽ

なんでも知りたい、なんか言いたい私の足跡です。

ルタオのカフェ5

009eeeeb.jpg

2864e78c.jpg
食べてばっかりです・・・

北海道最終日、ルタオのカフェ【カフェモ・ルタオ】が新千歳空港の近くにあるということで、大阪に帰る前に寄りました
 
スイーツやベーカリーを販売するショップ棟とカフェでスイーツや食事を楽しめるカフェ棟があります。
 
そこでパパは、ビーフストロガノフオムライスを、私は、ビーフストロガノフ〜チーズ焼き〜を注文。
その後、春限定の「シトラスクインテット」という5種のシトラスをトッピングした、ふわふわの口どけのパンケーキをシェアしました

どちらのビーフストロガノフもなかなかのボリュームでおいしかったですよ〜。

パンケーキは、文字通りふわふわでやわやわ、とろとろでした。
デコポンや清見オレンジ、甘夏、日向夏、はっさくなど、甘さや酸っぱさの異なる柑橘類がアクセントになっておいしかったです

しかし最近は、本当にスイーツを食べる男性の姿が増えました。
昔からパパは、スイーツも大好きでよく食べ歩きをしましたが、以前と比べるとお店で男性がスイーツを食べてても全然違和感ないですね。

私もパパも、あれもこれも味わいたいので、二人で行くと分け分けできてうれしいです

人気ブログランキングへ

まだ雪が残ってました5

557070ed.jpg

00c29d91.jpg

87b1feed.jpg
札幌では、定山渓に行って定山渓鶴雅リゾートスパ森の謌で温泉&ランチバイキングを満喫しました
 
人気の温泉&ランチバイキングらしく、パパが予約していてくれました

ランチと温泉、どっちを先にしようか?ってなったんですが、そりゃ温泉が先やろとまずは温泉に入りました。
露天風呂では、まだ雪が残っていてヒンヤリとぽかぽかですっごく気持ちよかったです

しっかり温まったあとは、いよいよバイキング
ホテルのランチバイキングと言えば、にぎやかなイメージですが、大勢お客さんがいたわりには落ち着いて過ごせました
洋食、和食、中華、スイーツが品数多くあって、小分けされたものは、どれも程よいサイズなので、少しずついろいろ食べたい人はうれしいですね。
また、揚げ物率が高くなく、お野菜が多めで、ヘルシーな感じがしました

ホテルのロビーでは、暖炉を囲むカーペットが敷かれたスペースでは、靴を脱いでくつろげます。
そこでのんびりしてると、きれいなお姉さんのハープの生演奏があり、癒されました〜(^∀^)

帰りにちょっと足を延ばして、羊蹄山を見てきました。
羊蹄山は富士山のような美しい姿から「蝦夷富士」と呼ばれ、女性の持つエネルギーを高める力があり、女性らしい気品を引き出してくれるパワースポットと言われてるんですって
雪を被った羊蹄山は美しく、すがすがしい気分になりました


人気ブログランキングへ

パパごはん5

2017416
札幌のパパ宅に着くと、パパがローストビーフとトマト鍋トマトを作ってくれました。
 
ローストビーフは、炊飯器を使った低温調理という方法で作ったそうです
 
すごく柔らかくて美味しかったおいしかったです
 
しかし、元々食べることが好きな人ですが、料理の腕がメキメキ上がっていて、札幌に来るたびに、見たことのない(使い方のわからない)調理器具や食材、調味料などがあって感心します。
 
仕事も兼ねて飲食店や生産者、食品会社の方から、いろいろ教わるそうで、そういう方を招いてパパが料理を振る舞うこともあるそうです。
プロの方を喜ばせるお食事会ってスゴイなぁ

人気ブログランキングへ

北海道へ5

2995f28a.jpg
久しぶりに北海道に行ってきます
 
今回は珍しくANAです


人気ブログランキングへ

乗る予定の飛行機がオーバーブッキング?5

これ昔、経験しました。
家族と親族合わせて5人でハワイに関空発JALの最終便で行くことになってたんですが、搭乗手続きをさっさと済ませて免税店とかいっぱい行こ〜ってノリで、ちょっと早めに関空に着いてたんです。

すると、私たちの搭乗予定の手続きが一旦クローズになり、JALの係員さんがバタバタされてたんです。
で、しばらくすると「本日ハワイ行き〇〇便のお客様はいらっしゃいませんか?」とアナウンスがあったので、「はい、はい、は〜い」なんて感じで手を挙げると、物凄く申し訳なさそうに「実はお客様がお乗りになる予定の〇〇便がオーバーブッキングとなっておりまして、数名の方のお席をご用意することができません。誠に申し訳ないのですが、1つ早い便に変更していただくわけにはいかないでしょうか」と言われました。

最終便に乗れないとなると大変なことですが、1つ前の便ならば問題ありません。
ただ、空港のお迎えカーやホテルは、最終便で到着となってるので、そのあたりの連絡ができてないとと言うとそれはJALからJALPAKへちゃんと連絡してくれたので便変更を快諾しました。

いっぺんに5人分の席が空いたのですから、一気に対処できてよかったみたいです。

私たちは、さらにお詫びにと全員ビジネスクラスの席にしてもらえました。

これはとてもラッキーな経験でした

その後も、パパは北海道からJALで帰省のとき、何度かオーバーブッキングによる「席を譲ってください」というアナウンスに遭遇したらしいですが、大抵パパが申し出る前に誰かが申し出て解決しているそうです。

JALやANAの場合は、別便に振り替えてくれたお客さんには謝礼金が出るそうで、特に急がない人や行き先が伊丹着、関空着、神戸着に変更になっても問題ない人なら、申し出てもいいんじゃないかなと思います。


Profile
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

**月ごとにまとめて**
QRコード
QRコード
ありがとうコメント
feminの本棚

  • ライブドアブログ